本文へスキップ

金武町立嘉芸小学校

校長室よりKOUTYOU

校長:与那城 銀正

 
 本校の創立は明治23年(1月1日)で、令和元年で129周年を迎える輝かしい歴史と伝統を持つ学校です。 沖縄本島中央部、金武町南端、うるま市石川に接し勝連半島、伊計、宮城、平安座の太平洋に浮かぶ 島々をはるかに望み、背にはその名も高き恩納岳、屋嘉岳が連なり、潮の香りと山のにおいがよく 調和した風向明媚な農村地域の台地にあり、豊かな自然に恵まれた学校です。  
 校庭には、松の木や月桃、デイゴ等の大木があり、遊歩道のベンチは子どもたちの憩いの場です。 校門前は国道329号に面しており、交通量も多く、子どもたちの安全確保のため、警備員や職員、 保護者、地域の皆さんが協力して登下校の安全を見守っています。  
 平成27年度から、町の施策で、全学年少人数学級・教育課程特例校(英語)が導入され、 教育活動もさらに充実しており、学校・保護者・地域が一体となって、「未来に生きてはたらく 力を身につけ、自分の将来に夢をもつ嘉芸っ子の育成に取り組んでいます。